その場でポチっとしたくなるイベント・講座・セミナー告知の特徴

Pocket

イベントの招待が届いたら?

つい先ほどFacebookでイベントの招待が届きました。

「ほー、どれどれ・・・」と見に行くと、箇条書きでいろいろ書いてあります。

 

セミナーなのか、
販売イベントなのか、
ショー形式なのか、

 

さっぱりわからん!!!

 

一応ライターの端くれなので行間を読めるタイプですが、いきなり送られてきたイベントにそこまでの労力をかけません。
ということは、普通の人ならもっとですよね。

私が招待したんだから来てくれるよね?的な?
それとも、まだ内容が決まってない?

ほらFBって、興味ありって押したら自分の友達にその通知が流れるじゃないですか。

よう分かってないものを流すわけにはいきません。

 

「とりあえず」仕事は、バレます。

 

反対にどんなイベントならすぐさまポチっとしたくなるのか!?

  • 日時が書いてあること。西暦、私のようにレッスン曜日が決まってる人には曜日情報は必須です
  • イベントの種類は結構大事。セミナー・講座なのか、販売系なのか、ショーを見るのか、ブースがあるのか
  • 場所。●●センターってどこやねん。神戸の私に関東のイベントってちょっとナシ
  • (これらが書かれている前提で)ワクワク感が伝わること

 

「私のイベント、いついつ、ここで、こんなんやるねん!
あなたにお役に立つような内容だからぜひ来てね!」

これだけ書いてあればいいのに、書いてないイベント告知のどれだけ多いことか。

 

招待状だよ?必要な情報を書いて欲しい。

 

告知記事、募集記事は基本情報は必須ですよ!

募集記事・告知記事は更新しながらずっと使えるもの。
今一度、見直してみてください。

客観的に見てほしい、もうちょっと工夫したいという方にこちらのサービスをご案内しておきたいと思います^^

Follow me!

The following two tabs change content below.

ふじもと  あきこ

フリーライター。ヨガ講師として教室を運営する傍ら、ライター・ISD個性心理学講師としても活動。 ヨガ教室の集客を目的に開始したブログが評判となり、その発信力を活かして、ライターとしての活動を開始。 1500人以上の女性と関わってきた経験を活かし、飾らず、共感を呼ぶ文章表現を得意とする。 神戸在住、年子姉妹の母。