ライター目線でホームページを作るメリット

Pocket

おうちサロン・お教室・セラピスト・カウンセラー・・・etc

個人で活動している女性個人事業主の方へ。

ホームページ、いるかな・・・?
個人で活動されている方なら一度は頭をよぎるのではないでしょうか。

ホームページはコンテンツが命です。

良質な優れたコンテンツを作成できれば、集客にも役立ち、売上に繋げることができます。

コンテンツって何を指すの?

文字、写真、動画などで構成された「内容」を指します。
ホームページの場合、コンテンツと言えば「文章」を指す場合がほとんどです。

なぜなら、ホームページのコンテンツの良し悪しは
「文章」によって決まると言えるからです。

文章の上手い・下手ではありません。
大事なのは、コンテンツの内容です。

お客様が満足する内容であるか

ホームページにたどり着いたお客様にとって必要な情報が書いてあるか
▼お客様の悩みを解決する内容であるか

この上記2つが「お客様に伝わる文章で書いてある」ことが大事です。
ただ書いてあるだけ、では意味がありません。

サービス内容が「伝わるように」書かれているか

「サービスを受けてもらえさえすれば、良さが分かってもらえるのに…」と集客に悩む事業主の声をよく聞きます。

サービスが良いのは当たり前。

そのサービスの良さがお客様に届き
お客様が行動し
サービスを受けて下さるためは
「お客様に伝わる言葉」で伝えないとダメなのです。



自分のサービスのアピールばかりしていてもセールスっぽくなってしまいますし、
反対にサービス内容が伝わらないものであれば、ホームページの役割を果たしているとは言えません。

つい自分のサービスとなると独りよがりになってしまいがち。
あれもこれもと書いてしまったり
何が言いたいのか分からない文章になっているものも。

ホームページはあなたのものであって
あなたのものではない。

お客様のためのものなのです。

あなただけの独自コンテンツであるか

一番重要なのが、あなたでないと出来ない・オリジナルなものであるということです。

みなさんが気にされるSEOに関して言えば、
ホームページのコンテンツが
独自性があり
専門性があればあるほど、
検索エンジンから評価を受けやすいです。

どんなに内容が充実していても、それがコピーしてきたものであれば絶対にNGです。

美しいデザインや最新のプログラムを取り入れていたとしても、内容がお客様に伝わるものでなければ、ホームページは役割を果たせません。

伝えたいことを伝わる形にするのがライターの仕事

WEB媒体やインタビュー記事、またブログやホームページで集客を行っている私は、ホームページのコンテンツ制作をお手伝いする機会が増えてきました。

ご自身のサービスのことを一番よく知っているのはあなた自身です。
が、反対に灯台下暗しとも言います。

あなたのコンテンツを、未来のお客様に届く言葉にするためには「お客様目線」が必要です。

未来のお客様に伝わる文章とは、
「お客様が欲しい言葉」が書いてあること。

お客様にとって
読みやすく
分かりやすい文章は
読んでいてストレスがありません。

ライターに依頼するということは
構成や表現が洗練されていて
お客様に「正しく理解してもらえる」内容に仕上がるということです。

得意とするのは「取材力」

あなたとあなたのサービスの良さを理解し、
さらに意外な魅力を見つけ
多くの言葉の森の中から、伝わる言葉を抽出してきて、磨き上げます。

どちらかというと深いところまでウエットな関係を築き
二人三脚でゴールまで一緒に走ります。

ライターも厳しい世界に身を置いている

ライターはクライアントの要求に応える文章や企画を出すことが仕事ににつながります。

そういった厳しい環境で書き続けているライターは日々技術を磨き、プレッシャーを感じながらもプロ意識を持って仕事をしています 。

ライターに依頼することで、ライターの持つ引き出しや経験などからおもしろい企画や他とは違う表現などが期待出来ます。

ライターは日々多くの人に読まれる文章を書いています。
発信・ライティングに関しては 「より多くの人に伝わる言葉で書く」 ことが出来るのがライターなのです。

ライターといっても、文章を書くだけではないのが最近の流れ。
私の周りのライターは、企画やスタート・設計の段階から携わっていることも多いようです。

またフリーライターだと人脈もあり、よいホームページ制作会社を紹介できることも。(業界事情も知っているかもしれませんね)

見た目重視なんだよね、という人は

素敵なデザインに惹かれてサービスを受けてくれるお客様がいたとしたら、それはそれでうれしいことかもしれません。

が、自分を商品として売る個人事業主にとって
自分のサービスを自分の言葉で語れないのは死活問題。

 
頭の中を言語化することは実は難しいですよね。

あなた自身を言葉で表現したいと思っていても
どうしても自分では難しいと感じる人も多く
結果、「文章が苦手」となるようです。

言葉に出来ないからと言って「見た目で勝負」でよいのでしょうか。
本当の姿は言葉にこそ表れるのではないでしょうか。

それでも「見た目が大事」という方はライターに依頼しないでもよいかもしれません。

「ホームページに掲載する文章は何でもいい」 わけじゃない

「文章を書く」ことは、簡単に思えるかもしれません。

紙とWebでは、そもそも特徴が違います。ストレスなく読み進めていくための、ちょっとした工夫やコツが必要です。

高品質なホームページ制作を目指す人にとって
ライターに依頼するメリットをお伝えしました!

今回は触れませんでしたが、
ライターに依頼する内容として
キャッチコピーやタイトル、肩書なんかもありますが
これもまるっとホームページ作成と一緒に依頼すると
きっと良いものが一緒に作り出せると思います!

Follow me!

The following two tabs change content below.

ふじもと  あきこ

フリーライター。ヨガ講師として教室を運営する傍ら、ライター・ISD個性心理学講師としても活動。 ヨガ教室の集客を目的に開始したブログが評判となり、その発信力を活かして、ライターとしての活動を開始。 1500人以上の女性と関わってきた経験を活かし、飾らず、共感を呼ぶ文章表現を得意とする。 神戸在住、年子姉妹の母。